片付かない部屋にありがちなモノ・収納グッズが収納を妨げるという皮肉

片付けが苦手だと感じている人は、今一度、お部屋にむだなモノがないかチェックしてみてください。片付かないお部屋には、確実に不要なモノがあります。むだなモノがたくさんあるのでは、いくら片付け上手の人でもすべてのモノを片付けることはできません。

この記事では、片付かない部屋にありがちなモノを紹介しています。あなたのお部屋が片付かないのは、こんなモノがためこまれているからかもしれませんよ!

収納グッズ

モノを片付けるための収納グッズ。しかし、この収納グッズが大量に、使われずに放置されているお部屋があります。

おそらく、散らかっているからなんとかしたいという気持ちで収納グッズを買いそろえたのだと思いますが、その気持ちが空回りしてしまったのか、結局、片付けがうまくいかずに収納グッズも放置されてしまったというわけですね。

収納グッズは、片付けるモノや収納スペースに合わせて選ばないと、結局は無用の長物と化してしまいます。先に収納グッズをあれこれ買ってしまうと、こういうことになってしまうんですね。

保存容器

収納グッズ同様、片付かないお部屋(キッチン)にありがちなのが、使われていない保存容器です。

「食品を整理整頓して使いやすい冷蔵庫にしたい!」

という気持ちを感じます。

実家からの「おすそ分け」を入れてきた保存容器がたまりにたまってしまうこともあります。今や保存容器は100均でお安く手に入れられるので、この安さも増えてしまう原因かもしれませんね。

でも、保存容器は外に出して保管するモノではありません。食品を入れて冷蔵庫で使うモノです。そのため、冷蔵庫の外にある保存容器は不要。使用頻度の低い保存容器は処分を考えましょう。

エコバッグ

片付かないお部屋には、大量のエコバッグもよくあります。エコバッグはノベルティーとして配布されることも多いので増えやすいことはまちがいないのですが、大量にあっても使うことはまずないので、収納スペースのむだづかいになってしまいます。処分を考えましょう。

紙袋

片付かないお部屋には、大量の紙袋もよくあるものです。紙袋はたしかにあると便利なモノではありますが、あると便利なだけで、普段それほど使うモノではありません。紙袋は多くの自治体で資源ごみとして処分できますから、整理することをおすすめします。

お菓子の缶

お菓子の缶も片付かないお部屋でよく見かけます。「きれい」「かわいい」など魅力のある缶ではありますが、折りたたむことができないので保管するとなるとそれなりのスペースが必要です。いくら魅力があっても、使わずに保管しているだけならじゃまなだけ。まったく必要ありません。

ハンガー

ハンガーは物干しとしても使えるので、衣類がクリーニングから戻ってきたときについ保管したくなるモノです。しかし、ハンガーがむだに多くあるとクローゼットの中がごちゃごちゃしてしまいます。洋服が掛けられているならともかく、ただクローゼットの中にぶらさがっているハンガーはスペースのむだ。クローゼットはハンガーの保管場所ではありません。形も大きさもバラバラのハンガーでは使い勝手も悪いはずです。一度すべてのハンガーを取り出して、用途に応じて数種類に絞り込むと使い勝手が向上します。

郵便物やお知らせなどの紙

郵便物やお知らせなどの紙がテーブルの上などに積み重ねられていませんか?1枚の紙だけならそれほどスペースをとりませんが、まとまるとけっこうじゃま。大事なお知らせも混じっているので捨てづらいこともためこんでしまう理由かもしれませんね。

しかし、重要書類であればあるほど、積み重ねていてはなくしてしまうリスクもあるのでしかるべき場所に大切に保管しましょう。お知らせの場合は、内容をチェックして必要であればスケジュールに記入して処分すれば、ためこんでしまうことはありません。

実はよく見ていないために、郵便物やお知らせがたまってしまうこともあるので、これらが届いたらその場でチェックする習慣をつけましょう。

洋服・シューズ類

着ることのない洋服、履くことのないシューズ類がありませんか?洋服は季節が関係しますが、それにしてもワンシーズンまったく着ることのない洋服は必要かどうか考えたほうがいいでしょう。長い間履いていないシューズ類も、なぜ履いていないのか、その理由を考えたほうがいいでしょう。

「高かったのでもったいなくて捨てられない」

「デザインが今風じゃない」

「サイズ違い」

それならフリマアプリやネットオークションに出品してみてはいかがでしょうか?捨てられないなら売ってお小遣いにすることだって可能です。

クローゼットやシューズボックスがいっぱいになっている人は、売却してスペースを空けることを考えてみてください。

筆記用具

ボールペン、鉛筆などの筆記用具をためこんでいませんか?そういえば、私の実家には、私が小学生の頃に使っていた鉛筆が、普通に電話の横の筆立てに保管されていてびっくりしたことがあります。同じような筆記用具を複数、筆立てや引き出しの中に保管していてもスペースをむだにするだけです。必要なモノだけキープして、あとは処分することを考えましょう。

あると便利は「なくてもいい」

「あれがあると便利なんだよね」

こういうモノは、たしかに家にあると便利かもしれません。でも、こういうモノのほとんどは、いつ使うときが来るのかわからないモノです。あると便利なモノは、基本的になくてもいいモノ。モノがありすぎることが片付かない根本的な原因ですから、片付けが苦手な人は、まずモノを少なくすることを考えましょう。

まとめ

片付かないお部屋でよく見かけるモノの多くは、実は収納に関係するグッズです。エコバッグもお菓子の箱もハンガーも、モノを収納するために使うモノ。皮肉なことに整理整頓するためのグッズが、お部屋の整理整頓を妨げているのです。

モノを適正な数量に減らせば、収納スペースが空いて片付けは楽になります。お部屋の片付けに困っている人は、はじめに収納グッズを買うのではなく、モノを減らすことから片付けを始めてみてください。

記事一覧へ