フライパンの収納・サイズや形がバラバラでもすっきり片付けるアイデア

フライパンは収納に苦労する調理器具のひとつです。かさばりますし、その形状が整然とした収納を難しくしているといっていいでしょう。しかし、フライパンはアイデア次第できれいに収納することができます。この記事ではフライパンを収納するアイデアを、収納場所別に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

フライパンをシンク下の扉に収納する場合

キッチンのスタイルは家によりぜんぜん違います。フライパンのような収納しづらい調理器具は、家のキッチンのスタイルに合わせて、工夫して収納することが大切です。まずはフライパンをシンクの下にある扉の付いた収納場所に収納するケースについて解説します。

シンクやコンロの下にある扉の付いた収納場所は、どの家も形状が違うもの。なにもなく比較的広いスペースを利用できる家もあれば、配管にじゃまされてうまく活用しにくい家もあります。いずれにしてもフライパンをきれいに収納するために重要なのは、スペースをむだにしやすい形状のフライパンをいかにしてうまくスペースにフィットさせるかということ。また、扉を開けて手前から取り出す必要があるため、仕切りやラックを活用するのがキモです。

仕切りを使う

100均やインテリアショップなどで販売されているケース類を仕切りにして、フライパンを立てて収納する方法です。フライパンは、平置きしてしまうとスペースをむだにしてしまうため、フライパンのパンの部分がちょうど入る大きさの仕切りを用意すると、タテにして収納することができます。

ただ、これだけだとフライパンを収納した上のスペースがむだになってしまうため、上のスペースに突っ張り棚や突っ張り棒を設置すると、ほかの食器類などを収納できるようになります。

ラックを使う

シンク下の扉内にラックを設置してフライパンやそのほかの鍋類を平置きして収納する方法もあります。ただし、シンク下に配管が通っている場合、ラックを置くことは難しいかもしれません。ラックを使うと一つひとつの調理器具を取り出しやすいのでおすすめです。

フライパンをシンク下の引き出しに収納する場合

フライパンをシンク下の引き出しに収納する場合、上から取り出す形になります。また、シンク下の引き出しは深さがあるため、この深さを有効に使うことが重要です。ボックスやラック、スタンドなどを使って立てて収納すると、深さを有効に使えます。

ボックスを使う

インテリアショップなどで販売されている収納ボックスにフライパンを入れて、取っ手を上にして立てて収納する方法です。プラスチックでできたファイルボックスを流用してもいいでしょう。ボックスを選ぶ際はサイズ選びが重要です。サイズが合っていないとフライパンを入れたときに安定しません。

フタや小物類の収納場所も備わっているフライパン専用の収納ボックスも販売されています。

スタンドを使う

シンク下の引き出しにセットしやすい、フライパンや鍋専用のスタンドも市販されています。仕切りの幅を調整できる製品もあるので、サイズの異なる鍋類を並べて収納することも可能です。

フライパンをキッチンまわりに収納する場合

収納スペースがかぎられていて、コンロの横に重ねて置いたりしていませんか?これではキッチンがごちゃついて見えてしまうので、壁を利用するなどしてきれいに整理整頓して収納しましょう。

収納スペースが限定されている場合は「ハンギング」

収納スペースが限定されている場合は、キッチンの壁面を利用するハンギング収納が効果的です。インテリアショップなどで販売されている吸盤やテープ固定タイプのフックを利用すると壁面のスペースを有効に活用できます。S字型のフックを利用すれば、備え付けの棚やレンジフードの縁などに引っかけてフライパンをハンギング収納することが可能です。

そのほかに、100均などで販売されている網目状のディスプレイネットを壁面に設置して、S字型のフックでフライパンを吊して収納する方法もあります。

フライパンのフタの収納方法

フタが付いていることもフライパンの収納を難しくする理由です。ご紹介したフライパン専用の収納ボックスを使うと、これらをまとめて収納することも難しくはないのですが、そうでない場合はどうしたらいいのでしょうか?

やはり、もっともかんたんなのはファイルボックスの活用です。フタ専用の仕切りボックスも販売されていますが、100均などで販売されているファイルボックスでも十分に代用できますよ。

まとめ

フライパンは、「立てる」「仕切る」ことで、使い勝手を確保しながらスペースを有効に活用して収納することができます。どうしても収納スペースが限られる場合は、キッチンに出しっぱなしにしてただ重ねるのではなく、壁面のスペースを使うとすっきりと片付けることが可能です。フライパンをうまく収納できなくて困っている人は、ぜひやってみてくださいね。

記事一覧へ